FC2ブログ

プロフィール

momo-iro

Author:momo-iro
1969年 春(誕生)
2009年 冬(発症)

遊びも家事も子育ても大好きな専業主婦でした

忙しい日々。
でも充実した楽しい毎日でした

しかし、ALSを発症

私はそれを
神様がくれた休養だと考えています

でももう十分に休みました
早く主婦に戻りたいな


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


合同展示会


コスモスや 細き身体で 空仰ぐ

コスモス


デイサービスでイベントがありました

近隣の営業所、4ヶ所による合同展示会で

作品出展者は、もちろん私達利用者です!

会場は、娘が高3の頃

「家では勉強出来ない」 と言って

学校帰りに通っていた、市の施設です

今更ながら、見れて嬉しい (^^)

エレベーターで3Fまで行くと

デイサービスと同事業所の

私の訪問ヘルパーである

ゆかちゃんとさっちゃんが、待ってくれていました

訪問の時にチラシを見せていたのです

ゆかちゃんが 「替わります!」 と言って

私の車椅子を押し

さっちゃんは、高齢の利用者さんの手を取り

会場まで、案内していました

さすが、有能ヘルパーさん !!

プライベートなのに、ちゃんと働くのねー 笑

4営業所共、個性豊かで

高齢者でも、ここまで出来るの?

と思わせる程の作品でした

入り口に、投票箱がありましたが

順位をつける必要性 … ある?


私達のデイサービスは、主に俳句と陶芸を出しました

冒頭の俳句は、私の作品です 笑

重篤な病気を患ってしまった

自分自身を詠った句です。

細い茎で、風にも負けず

ゆらゆら揺れながら

空を見上げ、太陽を仰ぐコスモスの姿が

目に焼き付いています。

数年前、夫と行ったコスモス畑での思い出です (^^)

もう1つ、俳句を出しました

しかし、こちらの句は事業所のロゴを詠ったものなので

この場では内緒です 笑

訪問では気付かなかったのですが

デイサービスに来る様になって

このロゴの素晴しさに気付きました

大好きなロゴです!

陶芸は、林檎の置物と洋梨のお皿を

ヘルパーさんに作ってもらいました

「りんごの赤が出ていない!」 と言われましたが

イビツに焼き縮み、深い色合いに仕上がった

味のある林檎を、一目で気に入りました

洋梨も good !


車椅子を押してくれていた、ゆかちゃんが

「今から、入浴介助!」 と言って

自分の首に巻いていたストールを

「外は寒いから」 と、私の首に投げかけ

「綺麗に巻いてあげて下さい」 とスタッフに言い残し

足早に帰って行きました

きっと、時間ギリギリまで居てくれたんだね

ゆかちゃんは、愛情たっぷりなヘルパーさんです (^^)

翌日、訪問に来たさっちゃんも

「利用者さんを倒さない様に必死だった」

「楽しかった!」 と言っていました

私も楽しかったよ 笑


帰る時間になり、大型車に乗り込もうとした時

若手の男性スタッフが、先に乗ろうとした車椅子の方を止め

私を車の中心部に乗せてくれました

退職された、ミヤさんの申し送り通りに …

そして、車の中では

「行きは安全運転で行ったけど、帰りはどうする?」

などと、車内を盛り上げていました

大型も、なかなか面白い 笑


あっという間の見学でしたが

高齢・障害・難病である私達の

出来る事や得意分野で作られた作品。

とても楽しく、有意義な展示会でした!


P.S.
なんと!私達のデイサービスが、優勝しました (≧∇≦)
優勝となると、やっぱり嬉しい !!!


続きを読む »

スポンサーサイト



担当者会議

担当者会議がありました

担当者会議とは、2人のマネージャー・保健師さん

訪問看護2ヶ所・ヘルパー事業所4ヶ所・訪問リハビリ

デイサービス・福祉用具・緊急コールセンター

などなど、私に関わる方が集まっての会議です

現在のケアマネとは1年が経ち、今回2度目の会議です

前ケアマネの頃は、この大きな会議が3~4ヶ月毎に行われ

私を抜いてのカンファレンスは、毎月あっていたそうです


私は、この会議が大嫌いでした

カンファレンスで出て来た問題点の

解決策を決め、事業所の意思統一を計り

会議の場で通達されるだけで、話し合いではありませんでした

私が 「まだ出来ます」

「家族の負担を増やしたくない」 と頑張っても

最後は 「在宅を続けたいんでしょ?」 と言われます

歩行距離が減り、全面車椅子になり

看護師さん2人体制による入浴禁止

ヘルパーさんのシャワー浴さえも禁止

私に関する家事支援も全てなくなり

夫を休ませる為の、ヘルパーさんの支援もなくなりました

外出も一時期中止になり、食事もソフト食に変えられていました

難病専門医である、訪問診療の先生も

疲れないのであれば、むしろ歩かせた方が良い

外出も、バスや電車も大丈夫。外出の回数も増やして良い

食事に関しては、嚥下検査までして常食OKと言われたのに …

病気の進行により、支援が難しくなる事は理解出来ますが

あまりにも早め早めの対策に

病気の進行で筋力がなくなったと言うよりは

介助方法が変って、筋力が衰えたと言っても

過言ではありませんでした

会議のたびに、1つ1ついろんな事が禁止になり

家族の負担が増え

夫も 「私が倒れるまでやればいいんでしょ !!! 」

と怒った時もありました

カンファレンスと担当者会議は

私のトラウマです

ケアマネが変った今も、次は何を … と憂鬱になります


しかし、今のケアマネは、そういう私の気持ちを理解してくれ

カンファレンスの前や、会議の開催挨拶時に

「これは、何かを禁止する為の話し合いではありません」

と必ず言ってくれます

そして、その言葉通りに

問題点や解決案を提案されるだけで、強要されません

だから私も、カンファレンスで出た問題点を曖昧にせず

誠実に向き合いたいと思っています

会議の空気も、だいぶ変った様に感じます

皆さんが自由に発言し、同じ方向を向いていなかった

いつも、家が片付いていない事を

責められてばかりでしたが

訪看さんが、フォローしてくれたのが凄く嬉しかったな

身体面でも、今までは悪い部分の指摘のみだったけど

あまり変っていません。

問題ありません。

時間内に終わっています。

と言ってくれる事業所もありました

凄く嬉しかった!

訪問は、私にとって楽しい時間です

在宅をする為に必要な支援であり

訪問して下さる方のおかげで、日中退屈もせず

外に出られなくても、心のバランスが取れていると思っています

しかし、その一方で

時間内に終わらせなければいけない。

失敗出来ない。

という緊迫感もあります

訪問時に一度でも、膝折れ・転倒・誤嚥・詰まらせる・呼吸苦等あれば

大問題になり、介助方法が変更になったり

支援自体が中止になったりするでしょう

病気の進行は、仕方のない事ですが

失敗は、絶対に出来ません

ある方が、デイサービスの事を

「ここは、オアシス !! 」 と言っていました

その方とは意味が違いますが

私にとっても、まさにオアシスです

私が時間を気にしなくてもいい。

私の動きに注目されない。注目する暇もない。

急ぐ事も、気を張る事もなく、頑張らなくていい。

そして、何かあれば看護師さんが助けてくれる …

デイサービスの責任者も、会議に参加してくれ

「笑顔も見られ、問題ありません。うちは看護師もたくさんいますので」

と言って、いつものやんちゃな目で目配せをしていました 笑

Thank you !


無事、担当者会議が終わりました

1年分、憂鬱になる様な事を、いろいろ言われましたが

禁止事項もなく、介助方法も変らず、ほっとしました

後日、提案や要望に対する

自分の気持ちや意見を文章にまとめ、提出します

ケアマネージャーさん、参加して下さった皆様

ありがとうございました!

デイサービスに大好きな人がいます

大型の送迎車を運転して下さる、ミヤさんです

ミヤさんは、長身・2枚目(イケメンの昔の言葉 )・優しい!

気が短いという噂も耳にしますが

私達には優しいので、そんなミヤさんでもノープロブレム 笑

私は、小型車なので普段はあまり接点はありませんが

病院受診で早帰りの時に、何度か送ってもらった事があります

車に乗る時は、揺れや跳ねや万が一の急ブレーキで

頚椎を損傷しない様に、首にカラーを巻いているのですが

ミヤさんは、どの送迎スタッフよりもスロー運転で

なんと!時速40km

例え、後ろが渋滞してもスピードを変えません

私の方がヒヤヒヤします

そのことを、他のスタッフに言うと

「えー!」 とびっくりされ

私も、ミヤさんの日頃のやんちゃ振りを聞き

「うそー !!! 」 とびっくり

まぁ、なんとなく想像は出来ますが … 笑

そういう訳で、他人に厳しく?利用者には優しいミヤさんの

私は、大ファンです (^^)


そんなミヤさんが、11/13 で定年退職されることになりました

昨日聞いた私は、火曜までにもう一度

接点を持つ事ができるだろうか …

と悲しい気持ちでいました

そして、本日土曜日。

夫に休養してもらう為に、デイサービスを追加利用していました

すると、私が利用している小型車がトラブルを起こし

別の車種を検討してくれていましたが

リクライニングが倒せず、大型車で帰る事になりました

大型は、1時間近く乗っていなくてはいけないし

精神的にも好きではなく、「あーあ」 と思っていると

なんと、運転手はミヤさんだったのです !!!

最後にミヤさんの車に乗れるなんて …

ミヤさんは、4列シートの最も揺れが少ない3列目に乗せてくれ

若手の男性スタッフに

「今後、又こういう事が起きたら
例え入れ替えがあっても(4列目の人が後で降りるとしても)
真ん中に座らせる様に。
そして、下道を行く時は時速40kmで。」

と申し送りをしていました


利用者7名。

この送迎車が、どのルートを回るのか知りませんが

「○○までドライブに行くよー。遅くなってもいいね?」

と ミヤさんが言うと

「待ってる人なんか居ないから、いいよー」

と最高齢のおばあちゃん!

私を、一番最初に自宅に送り届けてくれました


ミヤさんの、優しい笑顔と優しい口調

そして、温かい運転を絶対に忘れません

本当に、ありがとうございました


愛息子

少し前の水曜日の朝、高3の息子が

センター試験の振込用紙を持って来て

「今週中」 等と夫を怒らせる様なことを言いました

案の定、「何で今頃言うとや !!! 」

「俺にいつ振り込みに行けって言うとやーーー !!! 」

と大激怒 (^_^;)

毎回毎回 … なぜ学習しないの??

次の日の木曜日、息子のママ友が

「今朝、振込用紙を持って来て、すぐに払いに行ってって言ったんよ!」

と、あきれた口調 笑

そして1週間後、ヘルパーさんが

「先週の金曜日、今日中に振り込めってセンター試験の用紙を持ってきた!」

と2人で大爆笑 笑

そして本日、「続きがあったー」 とヘルパーさん 。

子供さんのクラスの子が、かばんの中から用紙を見付け

みんなにお金を借りまくり、走って振り込みに行ったという強者がいたとの事

水曜に持って来た我が息子が、なんだか凄く誇らしい 笑

みんな、志望大学に合格出来ます様に!


さっき、息子がお金を清算してーとやって来ました

その中には、¥30800もの高額な振込みがあり

すでに、自分の持ち金から振り込んだとの事

きっと又期限ギリギリで、父親に言えなかったのねー

学習したね 笑

私の右腕とも言えるヘルパーさんが、年内で辞める事になりました

身体的理由です

彼女の変化に春頃から気付いていましたが、確信はなく

初夏になっても元気がない彼女に 「体調悪い?」 と聞いてみると

いろんな部分の体調不良を打ち明けてくれました

それから私も、いろんな形でエールを送っていましたが

お盆前に、急に元気になった彼女を見て

嫌な予感が走りました

その予感は的中し、お盆明けの彼女の支援枠に

別のヘルパーさんが同行に来る事になったのです

「辞めるんやね」 と言った私に

「なぜ分かるんですか!」 とびっくりしていましたが

その時間は、彼女と過す最も楽しい時間だったから …

独身である彼女は、実家に戻って少し休み

親戚が経営しているデイサービスで働きますとの事でした

涙が溢れて止まりませんでした

1年掛かって、私のスペシャリストになってくれ

ずっと私の心に寄り添ってくれていました

同僚に不備があると、すぐにラインや写真で通達してくれ

上司に不備があると、怒って噛み付いてくれた

小さな身体と物静かな彼女の内面から

事業所を良くしたいという情熱を、いつも感じていました


私のパソコンに連動している、家電を動かすセンサーを

赤外線がよく反応するように、いつも拭いてくれ

今日は、風邪を引かない様にと

加湿器の水が入っているか確認してくれていました

今まで、たくさんの別れを繰り返して来たけど

こんなに大切なヘルパーさんを失うなんて …

後2ヶ月。

この穏やかで楽しい時間を、大事に過して行きたいと思います

 | ホーム |