FC2ブログ

プロフィール

momo-iro

Author:momo-iro
1969年 春(誕生)
2009年 冬(発症)

遊びも家事も子育ても大好きな専業主婦でした

忙しい日々。
でも充実した楽しい毎日でした

しかし、ALSを発症

私はそれを
神様がくれた休養だと考えています

でももう十分に休みました
早く主婦に戻りたいな


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


再び、風邪

又、風邪を引いてしまいました 涙

11/16にインフルエンザの予防接種を打った翌日に

喉の痛みが出て来て、1週間ほどで治まって来ましたが

明らかに違う、風邪の菌を取り込んでしまい

再び、咳地獄に落ちてしまったのです

今年2回目の風邪により、自分の身体が良く分かる様になりました

まず、気管支が弱くなると唾液が増え

更に飲食等をすると、飲み込むのが困難な粘調唾液に変わり

これを下手に飲み込み、喉に絡めてしまうと

吸引の要因になってしまいます

吸引の為だけに、二度と入院したくない私は

今回、唾液を口から出す事に全力を尽くしました

世の中には、口にチューブを入れておく事で唾液を吸い取ってくれる

低圧の持続吸引器という物があるのですが

それを夫が、電池式の魚用ポンプ・メラチューブ・瓶で作ってくれました

唾液が多い時と就寝時に必ず使用し

それが使いにくい、入浴・トイレ・更衣の時等は

小さく畳んだティッシュを口にくわえ(夫のアイディア)

吸い上げが難しい、粘調唾液をすばやく処理したい時の為に

お水と空のコップを側に置き、口をすすぐ。飲み込まない!

最初の頃はネバネバを飲み込んでしまい

咽る前に!と何度か吸引しましたが

この方法を徹底した事で、今回の風邪は

咽が吸引に繫がる事はありませんでした

その他、前回の入院を参考に

念の為の、抗生物質

食事は出来る限りいろう

出来ないときは軟らかい食べ物と高カロリーゼリー等を

1日1500kcal以上を目安に摂取

飲み物はホット。ほとんど白湯

粘調唾液を誘発するコーヒーは飲まない

気管支拡張剤の吸入

等、喉を刺激しない様に頑張りました

しかし、吸引は免れましたが、咳は一向に止まりません 涙

友達が来ても楽しめず

友達と行くはずだった、ALS交流会にも行けず

移動支援も3回キャンセル

娘のBDプレゼントも、クリスマスプレントも買いに行けなかった


1ヶ月ほど経った時

外的アレルギーが原因かもしれないので

試しに使ってみて下さい

と処方された点鼻薬を使った2時間後

なんと、咳がピタリと止まったのです (≧∇≦)

ぎりぎり、クリスマスに間に合い

お正月も楽しく迎える事が出来そうです

喋れる事と食べれる事に、今とても幸せを感じています


今年もブログを読んで下さり、ありがとうございました
来年も、宜しくお願い致します!


スポンサーサイト



 | ホーム |