FC2ブログ

プロフィール

momo-iro

Author:momo-iro
1969年 春(誕生)
2009年 冬(発症)

遊びも家事も子育ても大好きな専業主婦でした

忙しい日々。
でも充実した楽しい毎日でした

しかし、ALSを発症

私はそれを
神様がくれた休養だと考えています

でももう十分に休みました
早く主婦に戻りたいな


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


a son

息子は時間をかける事が嫌いです

本を読むのも速読を習得しているかの様に早く

喋るのも、何を言っているのかおばあちゃんには聞き取れません

字に関しては、習字2段とは思えない汚さでよく先生に注意され

三者面談では、字のせいでテストで10点は損をしているといわれたらしい

この時期に10点 !? (-_-;)

私の介助も手間取る事を嫌がり常に時間との戦いです

移動する際、20歩などとノルマを課せられて大股歩き

食事一口はかなりの量で「いけるいける」 と言われます (≧o≦)

リハビリの先生が見たらびっくり !!

しかし、いつの間にか私の身長を追い越し

部活で付いた筋力に自信がある様で

絶対に倒さない・・という力を感じます

だから私も息子の粗暴な介助をリハビリだと思い楽しんでいます!

何に対してもそうです。日中リハビリ!自主トレは探せばたくさんあります!

ヘルパーさんが忘れていることも自力で解決出来そうなら

頑張って手や足を動かします

(ヘルパーさんが帰るときは完璧に整えてもらいますが・・)

そして、息子の感心な所はフットワークが軽い事で

呼んだらすぐ来てくれます

本当に感謝しています

来ないときは寝てるかゲーム・・

勉強中に呼ぶと、すっ飛んできて気持ちよく手伝ってくれますが

そのまま居座り、なかなか部屋に戻らず

失敗した~とよく思います

そんなこんなの息子の介助で案外楽しませてもらっています

受験が終わるまで後少し・・

志望校に合格する様、頑張れ !!

勉強の邪魔にならない様に、あまり呼ばない様にするね~


スポンサーサイト



私は「 呼吸器をつける 」 選択をしています

大学病院で選択をせまられた時に

誰もが聞くであろう事を私も聞いてみました

「 呼吸器をつけない選択をした場合、最後は苦しい思いをしますか?」 と・・

すると、「 苦しみを和らげるお薬を使います 」と言われすごく安心しました

結果、緊急時は呼吸器をつける・・と今現在決めていますが

先月、訪問診療に来ている先生に同じ事を聞いてみました

「 最後は苦しいですか? 」 と・・

そしたら「 苦しいと思いますよ」 と一言。

選択の恐怖を与える言葉

「そんな事言う !?」 「大学病院の先生は安心させてくれたのに・・」

ショックでした。頼りにしている先生にバッサリ切られた気分

しかし、それから1週間後。ふと思いました・・

先生は、呼吸器をつけて欲しいのではないか?

呼吸器をつけない選択を思いとどまって欲しい・・というメッセージではないのか?

私はすぐ都合の良い解釈をします (^ ^)

昔々占い師に、立ち直りが早い・・とも言われました

先生とはまだ半年程のお付き合いです

まだまだ先生の事は分かりません

しかし、評判が高いことは確かです

先生を知りたい!と思いました

まっ、こんなもんか~

『 歩けるかもしれない!』 という期待は

はかない夢に終わりました

先日、大学病院で確認した所

あくまでも院内リハビリ用だそうです

一般家庭用ではないと・・

私の今の姿勢では無理かな~とは思っていましたが

介護者の負担や介護時間は減るはずだ!と確信していたので

とても残念です

又、少しの自由が持てるかもしれない!と思っていたのに・・

 | ホーム |