FC2ブログ

プロフィール

momo-iro

Author:momo-iro
1969年 春(誕生)
2009年 冬(発症)

遊びも家事も子育ても大好きな専業主婦でした

忙しい日々。
でも充実した楽しい毎日でした

しかし、ALSを発症

私はそれを
神様がくれた休養だと考えています

でももう十分に休みました
早く主婦に戻りたいな


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


病気を発症して10年。

義母・姉・友達・ヘルパーさんの力を借りて

添加物を最小限に

栄養のバランスを考え

家族の、好きな料理を取り入れた夕食を

ついに、お弁当にすることにしました

私が、最もこだわって来た事で

お金を払ってでも、死守して来た「手作り料理」ですが

義母が90歳になり

姉の疲労

ヘルパーさんの自費の値上がり

そして、夫の一言で「お弁当」を決意し

ママ友が働いている、宅配弁当のお試しを頼んでみました

それでも、「お弁当を食べさせたくない」と未練たっぷりな私に

追い討ちをかける様に

週に2回、私の洗濯と夕飯作りを頼んでいた友達が

続けるのが難しい … と言って来たのです

半年前に、親の介護が始まり

最近、ご主人に重篤な病気が発覚したそうです 涙

家族ぐるみで遊んでいたママ友。

丁寧に下処理をしてくれて

私が大好きな、ホワイトソースから作るシチューや

煮込みハンバーグも、デミ缶から極めてくれて

美味しかったなー。

ヘルパーさんは、とても手早くて

何を頼んでも、1時間に3品作れるすご腕の持ち主 !!!

外出をサポートしてくれている、エミリーちゃんです (^^)

エミリーちゃんは、とにかく早いので

手間が掛かるメニューを頼んでいました

トマトが沢山ある時のトマト煮込み・グラタン・パスタ・揚げ物

そして結婚前、大鍋の味がなかなか決まらず

私の母親に、無理やりレシピ化してもらった「おでん」

盛り付けセンスも抜群に良く

おでんの蓋を開けた時の美しさは

今でも忘れられない ヽ(≧∀≦)ノ

でも、一番美味しいのは姉の料理かな。

料理は苦手らしく、クックパット専門なので

味にブレがなく、安定した美味しさ !!

しかも、私が作らなかった様なものを

チョイスして来るので楽しみです!

義母は、煮物と塩コショウ料理が絶品です

義母も私も、少なめの煮汁を落し蓋で噴き上げて作るので

ホクホクの煮物です

お肉を焼く時は、強めに塩コショウをし

こまめに返しながら、蓋をせず最後まで中火で焼いています

すごーく面倒くさそうですが、中まで塩が効いていて

とっても美味しい (≧∇≦)

義母の、かぼちゃの煮物・肉じゃが・お肉のソテーは

いつでも食べたい 笑


10年間、美味しくてボリューム満点の夕食を

本当に、ありがとうございました。

今後は、休日ONRY「家庭料理」を楽しみにしています!

友達との再会も楽しみです

今後は、平日毎日会うことになるでしょう

ママ友との縁は、子供のおかげ !!

ありがとねー (^^)

続きを読む »

スポンサーサイト



がっかりよー

私のパソコンを覗いた息子が一言

「まだ、ブログ書いてたの?」

えーーーっ!読んでなかったのー??

読書、大好きじゃーん 涙

「この前、読もうと思ったけど、名前忘れた」とも …

あんなに、熱いメッセージを綴っているのに

名前さえ … 涙

そういえば、息子の卒業式の時のブログを

書いた事を言った時

「URL貼って」とLINEが来てたなー

タイトルで分かるでしょ !! と思いスルーしました (^_^;)

昔は、一緒にランキングを見て

ここまで上がったら、チョコ1箱プレゼント!

などと、可愛い事を言ってくれていましたが

とっくに到達してるよー (≧∇≦)

まぁ、息子とはこんなもんでしょう

難病であっても、親から離れていきます

それでいい。

順調。


しかし、私も懲りずに言ってみました

「゛子供達に伝えたい事゛だけでも読んで!」 ← カテゴリ

「いい事、いっぱい書いてあるよー」

息子は「うん、後で」と言って

ブログの名前とランキングをチェックして、去って行きました


母の気持ち、届けばいいな。

いつも、単語繫ぎの浅い会話だから

あなた達の事を想っている事を、知って欲しい (^^)

LINE 写真

南の島へ、2ヶ月間出張中の娘から

写真が送られて来ました

海亀に、餌をやっている写真です 笑

LINEの、自分のアイコンに

初めて、子供の写真を入れました

「応援しているよ!」というメッセージと

「いつも、近くに」という気持ちを込めて。

顔が見たくなったら、開いて見れるし!

と思っていた娘の写真 …

ほとんど毎日、開いてしまう 笑

側にいると、衝突ばかりだから

たまには、離れてみるのもいいもんだ (^^)

子供達の事を「あの頃はよかったー」と思った事はありません

反抗されても、衝突しても

口数が減っても

一瞬、笑顔を見せてくれただけで

あー
やっぱり、今が一番可愛い!って思ってしまう 笑

何歳の時でも …

きっと、これからも (^^)

サクラ満開 !!!

本日、息子の入学式でした

大学前に、駅があるという素晴しい立地条件で

しかも、学校まで雨に濡れない構造になっている様です

校門を入ってすぐに大きな池があり、その周囲はサクラ並木です

今年は、自宅前の桜の木が切られ

友達とのお花見は、体調不良で楽しめず

デイサービスでも、お花見がなく

今年は、サクラに縁がない … と思っていましたが

サクラ満開の入学式 ♪

夫と、桜の木の下で

ゆっくり珈琲でも飲みたかったなー (^^)


ホームページを見て、式の後の学校説明を聞き

改めて、この学校に入れてよかったなーと思いました

マンモス校ではない為、先生方の面倒見がかなりいいとの評判で

就職率100%を誇る、人気の高い大学です

整った最新設備にも驚かされました!

又、有名レストランが入った学食

コンビニ・書店・美容室・フィットネスジム・温泉 !!!

自然との調和も気に入りました!

校舎との隙間は、自然で埋められ

何種類もの野鳥が飛んで来るそうです

サクラ並木、ケヤキ並木、四季の花に心癒され

青々と光る芝生に、志気が上がります

山々に臨む、屋上テラスもあり

我が県から、自然環境に関連した賞も頂いている様です

親目線からは good !!


息子は、今日のこのスタートをどう感じただろうか?

テンション変らず

日頃、何を聞いても 「ふつー」 と答える

今時の息子の真意は、なかなか見抜けません (^_^;)

先生が言われた

「我校は、就職率100%ですが、第一希望が100%ではありません!」

という言葉が、とても心に残りました

まさに、その通り !!!

又、「 面倒見が良い 」 というのは、とても魅力的な言葉ですが

母親としては

まず、自分の目と耳と口を使い、知恵を出し

自分で道を切り開いて行ける、大人になって欲しいと思います

あなたの、姉の様な (^_-)-☆

頑張れ息子 !!!

続きを読む »

この辺で一度、息子の食介について
感謝の気持ちを伝えたく
又、生涯忘れない様に
ブログに残す事にしました


息子が、高校1年生の4月

腕の筋肉が落ちた事で、自力で食事をすると

過度の疲労を感じる様になりました

そこで、家族とヘルパーさんが

夕食の食事介助をしてくれる事になったのですが

当時、娘は専門学校生で帰宅時間が不規則

夫は、更に帰宅が遅いため

夕方、定刻通りに帰宅する息子に、白羽の矢が上がり

息子も引き受けてくれました

その頃は、まだ食事を自力だと1時間

食介をしてもらうと30分で食べる事ができ

息子が月水担当、ヘルパーさんが火木金

夫は、大分前から休日の昼食と夕食を食べさせてくれていました

当然息子は、お小遣制です

息子は、スマホを持って来て

動画を見たり、ゲームをしながらの食介で

私が飲み込んだ事に気付かない為

毎回、飲み込むたびに 「 うん 」 と合図をします

でも、それで十分です (^^)

むしろ、マイペースに食べれてかなり気が楽でした

ヘルパーさんは、私の様子を見ながら

長い租借を、ひたすら待ってくれているし

又、時間内に全部食べてしまいたいので

早く噛んで、早く飲み込まなければ !!!

と、かなり早食いで、危険です (^_^;)

又、息子の一口はかなり食べやすい!

多い・少ない・薄く・細かく … を繰り返し伝え

食べにくいと口から落としたり … を繰り返すうちに

私の適量を把握してくれ

スプーンに乗せた量が多いと、減らし

スプーンからはみ出ている分は、カットする … という

細やかな食介をしてくれていました

高校生である息子の、この姿にとても感銘し

私も、病気が治ったら

年老いた義母に、こういう介護をしてあげたい …

と、思わせてくれました

又、夫や娘には分からない、辛味の限界も把握してくれ

食べれる or 食べれないも、判断してくれていました

食介が始まって1年後、風邪を引いて入院。

ほぼ1ヶ月、口から食事をさせてもらえず

退院後は、ヘルパーさんとの昼と夜の食事が

4ヶ月間、常食禁止(ソフト食のみ)になりました

こうなって来ると、ALSの思うツボです。

一気に、舌の動きや租借力が低下し

30分で終っていた食事が、1時間掛かり

口腔内残渣も増え

食後のケアも含め、1時間半も掛かる様になったのです

1時間半の夕食が、更に1年続いた高3の夏

優しい息子の 「もう、したくない」 という訴えにより

その日を最後に、月水の夕食をいろうに切り替えました


今思えば、高校生の息子に食介をしてもらうなんて

なんて、幸せな時間だったんだろう …

私の言葉に耳を傾け、口の動きをじっと見ての聞き取り。

その真剣な表情が、とても印象的で

今でも、すぐに思い出す事が出来ます

そして、文句も言わず、嫌な顔もせず

たんたんと、口に運んでくれていました

あっ!
友達とのオンラインゲームの時間が差し迫ってくると

「いつまで食べると !!!」 と怒っていましたね 笑


息子が食介を辞めてから、8ヶ月が経ちました

息子によるいろうは、今でもまだ続いていますが

高校を卒業した事により

帰宅時間が不規則になる息子の替わりに

4月からは、月曜の夜もヘルパーさんが入ってくれる事になりました

福祉に厳しい私達の市が、追加支援を認めてくれたのは

間違いなく、今までの息子の頑張りのおかげです

私も、定期の介護プランから

やっと、息子を解放してあげる事が出来てほっとしています

長い間、本当にありがとう。

これからも、今まで通り私やお父さんを助けてね (^^)

 | ホーム |  前のページ»»